スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--/--:-- | スポンサー広告
ズッコケ話
誰にでも、過去素行が悪かった時期というものがあるのでは。
小学一年生の頃、自分史上最もワルだった。

悪事をはたらく時、今も昔もやはり群れますね。子どもは。
例にもれず僕も、常に相方と行動してました。

その日も二人で学校帰りに公園で遊んでいました。
公園といえど、かなりでかく、大阪で言う何とか緑地のようなとこでしたね。
そこに大きな池があって、鯉がうようよいたんです。

んでまぁワルですから、小石を鯉めがけ投げ始めたんですね~
すごい小さな軽い石だったので、水面にただ沈むだけですが。

そこが不満。
当然やっつけて鯉を捕獲するつもりなので、もっと痛いものをと探しました。
すぐ近くに同級生の、新築途中の家があったので、迷わず侵入し大量のクギを入手して池に戻りました。

ズボンのポッケトにクギを詰め込んで、手には持てるだけ持ち、無くなればポケットから補充。
機関銃のように投げ入れました。

クギも無くなり、もちろん鯉に当たることもなく、帰ることにしました。
当時僕は鍵っ子だったので、普段鍵を持ち歩いていました。
家に着き、さぁ開けようとしたら、鍵ない。
アホな僕でもすぐにわかりました。

機関銃のごとく鍵を池に投げ入れたのだと。



この後、同じ相方と犯罪といえるイタズラをしました。
早めに悪事を犯し反省すると、今になって悪事をはたらこうとは思えません。
スポンサーサイト
2007/09/07/19:04 | 日々 | コメント(2) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。